医療脱毛とエステサロンの脱毛、安いのはどちら?

東京で安い脱毛を探しているという人は、その前に医療脱毛とサロン系の脱毛の違いを知っておきましょう。

おのずと“どちらを選ぶべきか”がわかってきます。

■専用の高出力のレーザー脱毛器。

医療脱毛とエステサロンの脱毛とでは根本的な違いがあります。

医療脱毛は、医療機関のみ許されている専用の脱毛機器を使用しています。

出力が高く効果がてきめんで、専門知識をもった医師や看護師ですので、安全性・確実性は非常に高いところにあります。

一方でサロン系は、認可されていない出力の弱い機器を使っているので安全性・効果は保証されません。

肌や毛根組織などの化学的な知識が薄いので、トラブル件数も多く発生しています。

■医療脱毛は、医師免許を有するドクター。

医療脱毛を行なうのは、医師免許を有する医療従事者で一定のキャリアも積んでいます。

サロン系は店のオーナーが独自に開く研修会で知識を身に付けた程度なので、万が一のときの対処法はありません。

悪く言うつもりはありませんが、研修会で習うのは「万が一の際、訴訟やトラブルに発展しないよう、どう言い逃れするか」がメインです。

実際に脱毛の安全性や有効性は導入した機器に頼っていて、医師のような臨床経験はないので利用者としては心細いです。

■東京に限った話ではない、医療脱毛とサロン系との違いによる危険度。

安い脱毛を追いかける前に、両者の違いくらいはマスターしておきましょう。

安い脱毛処理を求めるのは自由ですが、せめて医療脱毛とサロン系脱毛の根本的な違いくらいは知っておきましょう。

必然的にどちらを選ぶべきかがわかるはずです。

これは東京だけの話ではありません。